ダイハツ タント修理

タントのオイル漏れ修理の依頼です。 年式的にもかなりの割合でヘッドカバーパッキンからのオイル漏れがあります。 今回もやはりパッキンからでした。 サクサクと交換してオイル交換をしようとリフトアップしたところ ドライブシャフトの内側が破れていてグリスが飛び散ってました。 このままにしておくとタイヤ等にも付着して変形する可能性が出てきます。 タイヤはゴムでできているために油分が苦手です。 ユーザーさんに告げると快く交換に賛同してもらえましたのでサクサクと交換しました。 その他の漏れ箇所を確認して、ユーザーさんに様子見の事を伝えて完了としました。 ここのパッキンも疑わしいですが今回は様子見です。

アルファ147 パドルシフトスイッチ交換

アルファ147のハンドル部に付いているパドルSWが折れた為の交換依頼です。 右側はシフトUPになります。本来なら少し見えるはずですが…。 左側はちゃんと見えます。 本体側から見ると爪が完全に折れてるのが分かります。 パドルSWの部品価格を調べると、かなりの高価な部品でユーザーさんと話し合いの結果 今回は中古品を取り寄せることになりました。ヤフオクで安価に出品されてたようで 直接購入して持ち込んでもらいました。(部品によって臨機応変の対応できます) 取り付けその物はネジ固定で簡単なのですが、配線カプラ接続のためにエアバッグ取り外しが必要です。手順書通りに分解して交換完了しました。試運転も良好です。 ついでに左側のダウン側も交換しました。 見比べて見ると損傷が分かります。

エブリー エンジンチェック点灯修理

エンジンチェックランプが点灯するので修理の依頼です。 まずは、ダイアグ点検します。 O2センサー故障と思って点検しましたが、ノックセンサ系統でした。 修理書で確認します。 修理書に沿って点検しましたが、コンピューターからの出力も1.1Vしかなく、まさかのコンピューター不良で交換と言うことにたどり着きました。 新品のコンピューターだと高価なので中古品をあたりましたが、ありません。 全国で検索してもらいましたが見つからず困りました。 新品価格を調べると約8万円・・・・。 出力系統で考えるとコンピューターになりますが、ノックセンサー単体での点検方法がないので 一か八かでセンサー交換及びコンピューターカプラ等の清掃給油しました。 結果修理完了になりましたが、何故修理書で5Vとあるのに1Vでも問題ないのかが不思議です。 この件は、スズキディーラーのサービスにお願いし、回答待ちです。

ミラジーノオーバーヒート修理

少し前に車検整備実施したミラジーノがOH(オーバーヒート)しました。 工場に持ち込み確認するとエンジン始動が出来ないくらいのヒート状態です。 ユーザー様に確認したところ、霧が出ていてボンネットからの湯気が出てる認識が無かったとの 回答でした・・・・。 この車は整備完了後もなにぶん年式的にも経ってるので、水温計確認だけはお願いしてた車両です。 最近の車には水温計はついてません。理由はユーザーが気がつかない事だと思います。 実際には水温計が付いてるほうが故障に気が付きやすいのですが…。 この車には付いてますが、残念ですが結果的に事前に気が付きませんでした。 とりあえず、シリンダーヘッドを外します。幸いシリンダーブロックの 歪みは無く、ヘッドのみ面研を内燃機屋さんにお願いします。ついでにバルブステムシールの交換もします。 かなりの歪みがあったけど、面研でいけた連絡ありましたので早速組み付けます。 組み付け完了後、一発エンジン始動のはずですが・・・・・。 圧縮が低く感じられます。確認のために圧力性を繋ぎましたが、全体的に低く特に2番は全くて言って良いほど低いので再度分解になります。この時、ラジエーターへの吹き返しは無いのでヘッドの問題でブロックは問題なしと再判断出来ました。 再度、内燃機屋さんに持ち込みバルブシートの点検依頼しました。 なんと、オーバーヒートでバルブシートが歪んでるとの事でした。 時々あるらしい事ですが初経験でした。オーバーヒートでの走行が長かったと思われます。通常は手前でエンスト等をすると思いますが、見通しの良い農免道路を走行していたのでアクセル踏み続けてたのが仇とな

FIAT500 タイミングベルト交換

今回の500は1400ccエンジンのタイミングベルト交換です。 ボンネット上げて、エンジンを眺めるとクーラントの量が少ない様です。 各部点検すると、サーモスタットハウジングからの漏れの様です。 お客様に伝えると、点検して悪いところは修理してもかまわないという承諾を得たので 早速作業にかかります。ホースバンドを少し揺さぶるだけで折れました。 FIAT500の弱点になります。6年くらい経ってくるとプラスチックが弱くなり漏れが始まります。 以前にもここが折れてオーバーヒートして出張修理に出かけたことがあります。 タイミングベルト交換ついでにウォーターポンプ(WP)も交換します。サーモスタット外してるので一気に交換した方が結果てきに安価に仕上がります。 タイミングベルト交換してクーラントのエア抜きを時間掛けて行います。この時間を使ってエアコン等の点検もしていきます。 これからの季節でエアコンフル稼働になりますが、ガス量が少ない様でしたので一緒にラインクリーニングします。ついでにフィルターも外すと……。 即交換です。臭いとかも出てると思われます。湿気でカビも発生します。 下から覗くと今度はオイル漏れもありました。オイルフィルターを交換していないようです。 オイル交換は某◯ートバックスでしてると聞いてましたが、おそらく上抜きで交換してるので フィルターの事は分かってないようでした。 タイミングベルト交換でお預かりした車両でしたが、追加整備が沢山増える結果となりました。 ユーザーさんが永く乗りたいとの事で、次回(10月)の車検整備の相談までもらいました。 当工場では初めて車検整備させていただ

スバル XV ドライブレコーダー取り付け

スバルXVにドライブレコーダー取り付けをしました。 いつもの一体型をインストールしようと考えてましたが、アイサイトが付いてるので難しそうです。hpで確認すると禁止エリアなるものがありました。 卸屋さんに相談したところ、セパレートタイプの方が良いとの返答もらったので 注文して取り付けしてみました。アイサイトの邪魔にならずに付けれそうなポイントは 1箇所しか見当たりませんでした。今回使用したのは、CSD-610FHRという日本製のものです。 慎重に場所選びをして配線しました。 アイサイトの間で室内ミラーの邪魔にならない位置に取り付けできました。 モニターは運転席から見やすい所に設置しました。 試運転後、パソコンでチェックしましたが画質も良くこれからの安全に役立てそうです。 ドライブレコーダー持ち込み取り付けもご相談ください。

スズキ コンピューターリプログラミング

ワゴンRのサービスキャンペーンで入庫です。 レーダーブレーキサポートの反応の問題で、急ブレーキがかかるというので エンジンコンピューターのリプロをしなくてはいけません。 当社にはスズキ純正の診断機があるので、待ち時間をあまり頂かなくても実施できます。 リプロ終了後に、他の部位のリプロも同時に行います。 コンピューターを更新するだけで、走りが変わったりシフトフィーリングが変わったりします。 当社では車検時はもちろん、通常点検時にもコンピューター診断しています。 気になることがある場合はとりあえず、連絡ください。

車検と車検整備

車検は2年(貨物は1年)毎に受験しないといけません。 点検整備も本当は12ヶ月(貨物は6ヶ月)ごとが義務付けられてます。 しかし、ほとんどのドライバーは車検時にしか整備をしません。 この2年ごとの整備を怠り検査だけ通すこと(ユーザー車検制度)にすると 色々な弊害が出てきます。車が新しく走行距離が少ない場合は問題ないのですが やはり、長く乗り続けつる予定でしたら、普段からの点検整備は重要です。 今回の車両はブレーキ踏むと時々音がするとの事でしたが、車検満了日が近いので その時に整備をする事になってました。 当社の車検整備は基本的にはブレーキ全分解、清掃、調整を行います。 今回の車両では最近には珍しくRホイールシリンダからのブレーキフルード漏れが見られます。 ブレーキフルードが漏れると、ブレーキシューに染み込みシューの交換も必要になります。 今回の案件では、ブレーキフルード漏れ→Rブレーキシューがドラムに張り付く→離れる時に異音 がしてたと思われます。 もしも、このまま検査した場合もちろん検査不合格になりますので分解整備が必要です。 このケースの場合、もしもユーザー車検代行業に頼んでた場合余計な時間と料金が発生します。 国の法律で認証工場以外でのブレーキ分解整備は行ってはいけませんので 代行者は最寄りの整備工場に外注するかたちになります。 この場合、頼まれた整備工場もユーザーの顔が見えないが為に整備の質が変わると思います。 ドライバーの年齢、年間の総距離等を感見して整備は行うものだと思います。 もちろん、安価での車検整備もお受けできますが、安心して生活出来る様に、最低限ブレーキの分

エンジンオイル交換の必要性

バイク、車と付き合いだして30年以上経ちます。 前から何も変わらないのは、ガソリンとエンジンオイルの必要性です。 以前の乗り物は空冷エンジンでした。ガソリンも有鉛でした。 当時から現在までエンジニアが試行錯誤してくれたお陰で高性能になってきました。 もちろん、オイルメーカーもエンジンの発展に沿って開発を進めてきてます。 燃費を良くし排出ガスを出来るだけクリーンにする為にギリギリのクリアランスで作られてます。 オイルの粘度も30年前は硬いものを使ってましたが、現在の車にそれを入れてしまうと 途端に燃費は落ちるしエンジンの回りも悪くなります。 最近のオイルでは0Wー8ていうサラサラの物も出てきました。 (以前は0W−20でもサラサラと思ってました) 当工場では車に合わせて多数オイル用意してあります。 必ず、マニュアルで確認して間違いないオイルを入れる様にしてます。(開発者の意図通りに!) ただ例外もあり、0Wー20指定のエンジンでもオイル管理が悪く走行距離が多い場合は変更することもあります。オイル消費とかの問題もありますし…。 VW車の取扱説明書には1000キロ走行時に約1Lオイルを消費する可能性があると記載あります。 必要性を知らずにオイル管理が悪く、オイルが燃える状態の車でも添加剤(SOD-1)等で改善される 事もあります。 今回も約1万キロの間、オイル交換をしてなくオイルが消費されてました。 一度下抜きして、その後ワコーケミカルのフラッシングオイルを入れて処理します。 その後、新しいオイルとSOD-1を添加します。 数日後お客様から、走りが軽くなったと好評価をいただきました。

キャリー異音修理

キャリートラックの走行時に音がするので気になるとの事で修理依頼ありました。 試運転して見ますと、激しい唸り音が聞こえます。 R側からなので、Rシャフトベアリング異音かRデファレンシャルからの異音と推測できます。 早速リフトアップして、点検開始しました。 点検した結果、Rデファレンシャルのピニオンベアリング辺りからの異音だと判断しました。 いつもの様に見積もりして、お客様から了解を経て作業します。 早速Rデファレンシャルを下ろして分解作業にかかりました。 手で回すだけでもゴリゴリするので間違いなさそうです。 修理書どおりに プリロード測定後組み付けて完了としました。 異音等で気になるときも早めにご相談ください。

サンバーエンジン始動不能

サンバーTV1のエンジン始動不能で朝一から連絡ありました。 スバルの車で一番多いトラブルはIGスイッチ不良が多いので 部品を持って現場に向かいました。 しかし、テスターで確認するとIGスイッチから出力されてました。 単純にセルモーターの故障と判断して工場に運びました。 セルモーターはエンジンルーム開けるとすぐに見えます。 B端子C端子それぞれ点検しますと12Vあるのでセルモーター故障と判断しました。 C端子外して直接電源を送り動かなければ間違い無いので最終判断の為にテストしました。 しかし……。勢いよく回るのでC端子接触不良??清掃して差し込むと掛からない…。 直接流すと掛かる…。冷静に考えることにしました。 今度は、検電テスターでテストしますとランプが点きません。 という事は…。電圧は12V掛かってるけど電流が低いと考えられます。 配線図見ると、インヒビタSW(シフトポジションSW)からきてるので SW出口を点検すると出力されてませんでした。 この車はエアークリーナーBOXにブローバイガスが還元されるようになっており あまりにも溜まると液化して下に垂れるようになります。 そのオイルがSWに付着して故障した様です。 交換後、一発始動しました。今回、久々に検電テスターを使用してみて必要性を感じる 修理となりました。

ヴィッツの異音修理

今回はエンジン掛けるとすごい音がするとの事で入庫です。 現地に行き聞いてみると音が響きすぎて判断できないので預かることにしました。 工場に戻る間も色々と試して確認続けますが、決め手に欠けます。 エンジン内部のタイミングチェーンだと料金も掛かるので話し難いなぁーと 感じてました。この車では、チェーンの異音以外にCVT不良での異音も発生します。 工場に持ち込んで聴診器で確認したところ、エアコンコンプレッサーからの異音でした。 車両てきに中古部品は沢山ありそうですので探してみました。 宮崎県には無く県外からの取り寄せでしたが、安価に修理できお客様にも満足してもらえました。 あまりにも高額になる修理だとこちらも、伝え難いので良かったです。

キャリートラックライト交換

現行キャリーのヘッドライト球が点かなくなったとの事で来社されました。 この車はライト球1個替えるのに、Fバンパーを外さないといけません。 多数のクリップを外してようやくライト球にアクセスできます。 写真見ると、事故鈑金に見えますが、ただライトの球を交換するだけです。 メーカーも何を考えてこういう作りにしてるのか?疑問です。

色々な施工指定店

車に関する色々な指定店としてHPに載せてもらってます。 最近、車検時にオススメしてるRECSも取り扱い店になりました。 宮崎県では2店だけです。宮崎市だと当店だけになります。 SOD-1のAT /CVTオイルへの施工店も掲載してもらってます。 どちらも、効果絶大でお勧めできます。

旧車 マークⅡ

旧車マーク2のエンジン始動不能修理です。 セルモーターは回りますが、気配がありません。 この当時の車はボンネネットに端子があるので、+BとFp端子を短絡します。 全く音がしないので、ポンプ不動と仮定しました。 Rのカバーを外して、配線に直接電気流しても変化ありません。 意を決してタンク下ろすことにしました。 ポンプ外して確認しようと思いますが、見た通りダメっぽいです。 通電させてみましたが、不動です。 新品(安価な社外品)に交換します。もちろんお客様の希望で部品も決めます。 ストレーナー交換して元どおり組み付けて完了としました。 一発始動でエンジンも好調です。

変わった車の車検

今回の車検車はスズキのキャリートラックにキッチンボックスを積んでる車です。 イベント会場を行ったり来たりしてるようです。 今回は新車から初めての車検なのできっちり整備します。 デファレンシャルオイルも初回は鉄粉等が沢山出るので必ず交換します。 Rブレーキもキッチリ調整します。(新車時は甘々です。) 営業時に故障等を起こすと大損害なのでキッチリさせていただきました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square