エンジン始動不能

今回の故障以来は平成6年式セフィーロです。

車庫に戻ってきて、突然エンストして以降始動不能になったようです。

 外観はオーナーさんの手入れが良くて、とても22年過ぎてるとは思えません。

とりあえず、燃料ポンプの確認をしてみると全く音がしないので電源確認して異状ない事が判明したので

軽くコヅイテ始動させました。その後。工場に持ち込み燃料タンク内のポンプ外して点検しました。

時々回りが悪いので本体の不良で間違いないようです。

アッセンブリの状態からバラシて新品のポンプを組み付けていきます。

組み付け完了後、始動確認すると今までよりもスターターの回転時間も短く始動性も良くなりました。

ついでに12か月点検もさせていただき、納車します!

特集記事
最新記事