トラヴィックAT不良?

スバルの珍しい車、トラヴィックの修理です。

AT警告灯が点灯して2速固定での走行しかできないようです。

自走困難ということで、引き取りに伺いました。

工場に向かう途中に試運転がてら色々と試します。

シフトをDレンジでなく1→2→Dとマニュアル操作すると普通に走れます。

これでAT本体の不具合でなく、ソレノイドもしくわバルブボデー不良に

絞り込めます。工場に持ち込みBOSCHダイアグ機にかけます。

コードを読み出しました。

トランスミッション制御システムの不良を読んでます。

これでは、何を意味してるのか分からないので更に奥深く見るために

今度はOPELのZafilaでコンピューター内に入ります。

実はこの車は OPELのOEM車です。

スバルの診断機では奥深くに入れずOPELに切り替えると確認できました。

シフトレバー及びスイッチ(日本車ではインヒビタSW)不良でした。

接触不良等を疑い、カプラ等の抜き差しを繰り返してみました。

試運転しましたら、不具合が発生しません。数日試運転を繰り返しましたが不具合の発生が

確認出来ないので、お客様にその事を伝えて納車させていただきした。

その後、不具合発生の連絡はきてません。おそらく接触不良だったと思われます。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
CALL
EMAIL 
OPENING HOURS

Tel: 0985−39−7060| Fax: 0985-39-7050

Mon - Fri: 8am - 18pm

OUR SERVICES

- Mechanics

- Car Checks

- Oil and Break Checks

- Breakdown Services

-Tire Change

- Battery Change

VISIT US

880-0121 宮崎県宮崎市島之内5621−8