ダイハツ タント修理

June 24, 2018

タントのオイル漏れ修理の依頼です。

年式的にもかなりの割合でヘッドカバーパッキンからのオイル漏れがあります。

今回もやはりパッキンからでした。

サクサクと交換してオイル交換をしようとリフトアップしたところ

ドライブシャフトの内側が破れていてグリスが飛び散ってました。

 

 

 

このままにしておくとタイヤ等にも付着して変形する可能性が出てきます。

タイヤはゴムでできているために油分が苦手です。

ユーザーさんに告げると快く交換に賛同してもらえましたのでサクサクと交換しました。

その他の漏れ箇所を確認して、ユーザーさんに様子見の事を伝えて完了としました。

 

ここのパッキンも疑わしいですが今回は様子見です。 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

コンタミチェック ATF交換

March 1, 2018

1/6
Please reload

最新記事