Newビートル コンバーチブル修理

ビートルコンバーチブルでR側のパワーウィンドゥが下がったまま戻らない修理です。

この車両も通常の国産車とは違い、複雑な構造になってます。

ワイヤーキットのみの交換で修理を進めることにします。

オープンにしてレギュレータ〜取り外します。

レギュレーターのこのプラスチック部品が壊れるとこういう故障になります。

ワイヤーキットに含まれてきてますので交換していきます。

慎重に組み付けてガラス取り付け後、作動角度を調整して完了とします。

この車は当社の販売車両になりました。

特集記事
最新記事