オーバーヒートによるヘッドガスケット吹き抜け

夏本番で暑い毎日ですが、車も相当なダメージを受けてるようです。

最近の自動車パーツでプラスチック化が進み経年劣化による水漏れからの

オーバーヒートが頻繁におきてます。

早い段階で気がつけば、ラジーエーター等の交換のみで対応できますが

ヒート状態が続くとシリンダーヘッドが歪んだりガスケットが吹き抜けてしまいます。

エンジン始動不良や不調の原因を探るのにまず、エンジン内の状態を確認します。

コンプレッションテスターを使い圧縮に問題がない場合、ガスケット抜けが考えられます。

オーバーヒートしていないのに、吹き抜けが発生した場合安価に済ませられる方法ができました。

あくまで、エンジンの状態を点検してからの使用になりますが効果はあります。

この液体を混ぜる事により調子が回復した車を沢山見てきました。

効果は期待できますが、使用前のラジエーター等の状態テストは必須です。

宮崎市近郊でオーバーヒートでお困りの方はご相談ください。

特集記事
最新記事