ポロ 足回り異音

エンジン不動になり、レッカーサービスにて搬送されてきました。

早速、BOSCHダイアグ診断にて確認しました。

コードは無くエンストなので基本的なところから点検します。

今回はスパークプラグの不良のようでした。

ギャップがかなり開いてます。

交換後は一発始動出来ました。

リフトアップ時に確認したところ、いつもの所が酷い事になってました。

ユーザーさんにお伝えしたところ、異音を感じてはいたが無視してたようです。

現状を確認してもらう為に工場に来てもらいました。

左側はまだ良い方ですが…

右側は説明しながら抜き取ることができるほど危険な状態でした…。

早速脱着交換作業にかかります。

左側のロワアーム外した所です。

特殊工具を使い圧入して修理完了としました。

試運転を繰り返してみましたが、何も問題なくユーザーさんにお渡しすることができました。

特集記事
最新記事