ハイエース ATF交換

ATF交換はパンドラの箱を開けるようなものと言われてますが

最近、当工場では毎日トルコン太郎を使ってる気がします…。

今回は28年式ハイエースです。

レベルゲージが付いてないタイプです。

まずはオイルパンから抜き取ります。

その後、油量チェックボルトを抜いてそこから特工具で新油を注入します。

その後、圧送循環式ATF交換機ートルコン太郎で綺麗に入れ替えます。

今回も湯温38ー45℃で油量点検して試運転しました。

8万キロ無交換でしたが、変速ショックも少なくなり快適になりました。

圧送循環式でのATF交換お勧めします。

特集記事
最新記事