ミラ 排ガス過大修理

車検でお預かりした車の最終確認で排ガス測定しました。

CO4%でHCが500以上出てます。

このままでは公害車になるので、修理します。

スキャンツール接続してまずは診断します。

ラムダセンサーの1と2を比べてみます。

センサーの2番側(下流側)の動きが異常値を示してますので

O2センサーの2番を点検してみます。

センサーに問題はありませんが、触媒が破損してました。

触媒破損により異常値が出てたようです。

交換後クリーンな排ガスに戻りました。

このような修理にでも診断機を活用して短時間で修理箇所出来ます。

特集記事
最新記事