VOLVO XC60 修理

メーター内に亀マークが出てエンジンパフォーマンスが落ちてると表示されての入庫です。

いつものように、フォルトコード診断していきます。

Pコードが入力されてました。

内容がエアマスセンサー関係となってますが、ディーゼル車なので判断を間違えないようにしないといけません。

クリーンディーゼル車はEGR(排気ガス再循環装置)によって有害ガスの発生を抑えてます。

EGRからの再循環された排気ガスが少ないと、エアマスセンサーとの差でフォルトコードが入力される様です。


インマニ等を外さないといけないので、まずは養生します。


外しました。スラッジが沢山溜まってます。
























ものすごく詰まってます。ジャンジャン洗浄していきます。




パッキン及びガスケットは勿論新品に交換していきます。

組み付け後数回試運転して完了としました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索