ZWIFT

21時からのイベントに参加するために、機材一式を一旦自宅に持ち帰りました。

セッティングして静かにスタート時間を待ちます。

1秒前です。295人もの参加があります。

スタート直後です。下り坂ですが、負荷がそれなりにあります。

自分の位置もつかめてません・・・。

約35キロのライドでしたが、目一杯疲れました。

ZWIFTイベント参加者の皆さんはこんな遅い時間時もかかわらず、漕げるので日々の鍛錬の

成果でしょうか・・・?

サイクルトレーナーとZWIFTこれは新しい、自転車ライフの形だと思います。

ご質問はオートクロギ(0985−39−7060)まで

特集記事
最新記事