エスティマ CVTオイル交換

今回の車両もネット問い合わせからです。最近増えてきました。 10万キロを少し超えたエスティマです。 CVTのフィーリングがイマイチとの事で問い合わせありました。 ディラーに持ち込んだらCVT交換で40万円オーバーの見積もりが出たみたいです。 この方は、車検を毎回ディーラーにお願いしてるらしいのですが 記録簿等を見てもCVTオイル交換してないみたいです。 メーカー保障は10万キロなので無交換でも大丈夫という考え方です。 確かに、オイル交換しなくても10万キロまで故障しない可能性の方が高いとは思いますが それ以上の距離を乗る事を想定すれば、途中交換が必要です。 ここが、変なところです。 無交換で大丈夫というメーカーの考え方と、まだまだ乗るつもりでいるユーザーとの壁があります。 せめて、5万キロ時に意思表示を聞いて交換勧めるべきだと思いますが…。 とりあえずいつもの様にオイルを抜きます。 やはり10万キロ無交換なので異臭及び汚れ具合が真っ黒です。 抜けた量が3.2Lですが、油温調整式のために多めの3.5L注油します。 これで、すこしでも改善がみられれば次はストレーナー交換をしてオイル全量交換すれば かなりの確率で改善されると思います。 CVTの構造上で油圧が一番大事ですが何故交換無用になるのかが分かりません…。 ストレーナーが少しでも詰まるだけで油圧は下がります。

誤発進防止システム

ニュースなどで度々紹介されてる誤発進防止システムですが 当社では10年前から取り扱ってました。 最近になり問い合わせ増えました。 法改正で、もしかしたら高齢者運転には義務化されるかもしれません。 実際は年齢に関係なくこの事故は増え続けてます。 ただ、高齢者の場合は反射神経の問題を取り上げて問題視されます。 もし、身近に高齢者がいたら装置取り付けをお勧めします。 詳しくはHPを! 宮崎でアクセルとブレーキ踏み間違いをご心配な方の支援をさせてください。

フォルクスワーゲン シロッコ MTオイル交換

シロッコのミッションオイル交換です。 シロッコは排気量とミッション型式で数種類のパターンがあります。 諸元を見て調べると今回の車は7速のDSGという事が分かったので早速作業にかかります。 下のドレンから抜いたオイルです。かなり汚れてますが分かりにくいので容器を移し替えます。 新油と比べます。 シフト部を分解して注油して完了です。 国内ディラーでは交換無用になってますが、海外では当然のように交換されてます。 日本の交通事情(ストップ&ゴーが多い)ではミッションに負担がかかりますので交換が必要ですがメーカー保障の関係で期間内は交換無用という事になります。しかし、10万キロ以上車に乗るのは 珍しくないので交換必須になります。 壊れる前にオイル交換お勧めします。

マーチ 雨漏れ修理

今回は雨漏れ修理の依頼です。 助手席側の前後ろの床絨毯がビッショリ沈没してます。 シートを外して確認すると水がたっぷりと溜まってました。 これだけ溜まるなら安易に漏れ箇所探せられると思ったのが間違いでした…。 天井にホースを固定して水を流し続けますが、漏れ箇所が確認出来ません。 時間だけ経ち発見できないので、もう一度様子見てもらおうかとあきらめかかった時に少〜しだけ 水が流れてるのが見えて、辿っていくと室内コーキングの溝をジワッと流れてます。 まるで、小さい蟻が行列を作ってるみたいに…。 テールランプ下側からの入水でした。 一番最初に疑ってみましたがスペアホイール部分に全く水が溜まってないので前の方ばかり 見てしまい時間かけてしまいました。 今回の修理で思い込みは危険だと再確認させられました。

ポルシェ Cayman ケイマン

他県業者さんからの修理依頼です。 エンジン始動後からのノイズ音が酷いて事でした。 早速、持ち込んでもらい確認します。 今回の修理はエンジン始動時とは関係なく、オーディオノイズの様です。 まずは、ナビ本体を外して出力の確認します。 ゴチャゴチャ配線してたので、写真撮り忘れてました…。 本体確認すると別アンプに配線が伸びてるのでアンプ探しをします。 ほとんど、見ることの無い車種なので、ディーラーに確認をとりますが明確な事が分かりません。 色々と探してると、Fフード内にアンプの様な物を発見しましたので早速脱着点検します。 配線抵抗等を測っても問題ないので、アンプ不良か単にスピーカー不良かのどちらかになります。 スピーカー点検の為に内張を外していきます。 スピーカー抵抗を測定しますが問題ありませんので、アンプ本体故障としました。 後日、部品が届いて交換完了し音質を確かめましたがなかなかの重低音があり ドライブ時の音楽鑑賞も楽しめそうです。

ニュービートル ナビ取り付け

今回はHp観覧された方からの依頼です。 ニュービートルにナビを取り付けたいとの事です。 何社か問い合わせをされたそうですが、取り付けが不可能車て事で断られたみたいでした。 当社では、幾度となくこの車には携わって来たので、簡単に引き受けました。 ノーマル品を取り外すところですが、簡単には取れませんでした。 外した後を確認したところ、以前に何か作業をした時に肝心な爪部分を破損させていたみたいです。 時間はかかりましたが、何とか外すことに成功して取り付けます。 パネルも交換になります。 取り付け完了後テストしてみましたが、問題なく作動したので作業完了としました。 今回のお客様は部品持ち込みでの作業となりました。 持ち込み取り付けも勿論対応できますので、何か気になる事ありましたらお気軽に連絡ください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square