エアコンラインクリーニング

だいぶ、暖かくなってきましたので早めのエアコンラインクリーニングします。 ブログでも度々話題にしますが、今回も夏が来る前にとの依頼でACS751を使いエアコンラインクリーニングします。 ACSの事をググるとあちこち出てきます。 宮崎市では当社で施工出来ます。もちろん、価格も宮崎現地価格です。

フォルツァ エンジン始動不能修理

フォルツァ25年式でエンジン始動不能修理です。 バッテリー不良だけと思い早速点検開始しましたが……。 ジャンプスターター繋いでもセルモーターが回りません。 点検結果、セルモーター不良と判断して早速外しました。 分解して各部点検します。 コンミュ研磨してブラシ交換します。 部品交換後、一発始動です。 部品価格は意外と安価でした。

コンタミチェックからのATF交換

今回も過走行(10万キロ)でATF無交換のEKワゴンです。 いつものように、まずはコンタミチェックします。 確認後、交換作業後に少しでも不安が残る場合は無交換とします。 数分後 、確認します。 今回も問題なさそうなので、圧送循環式で交換します。 交換終了後、試運転を繰り返し、変速ショックが激変した事に驚きました。 三菱系のATF交換はかなり効果あるようです。 お客様からの感想が楽しみです。

エイミングセミナー プリウス

ADAS(先進運転支援システム)のセミナーを受ける機会に恵まれました。 今後、必ずやってくる自動運転へ何らかの対策等を考える機会だと思い 今回は福岡に行ってきました。 メインは現在では、当たり前になっているブレーキ補助システムの調整です。 何度か、勉強する機会がありある程度は理解しているつもりでしたが、全くの無知状態でした。 午前中は学科研修で午後からは実際に機器を使っての講習になります。 今回の車はプリウスでのエイミングでしたが、多種多様なメーカーの車に対応するためには かなりの勉強が必要だと感じました。 機器類の準備等も時間をかけて揃えていかないと今後の整備に差し支えあると断言出来そうです。 レーザーを放って正確な位置を出さないといけません。 今回セミナーを受け、これからの自動車整備のあり方を考える良い機会 でした。 オートクロギでも先進の整備に遅れを取らないように日々精進していきたいと思います。

ポルシェ356レプリカ シフト抜け修理

今回は356レプリカの変速不良の修理です。 ベース車がビートルですから、シフトロッドのブッシュ不良と暫定して作業します。 まずは、シフト部を外します。 続いてミッション部分とリンクを外します。作業に夢中になりすぎて写真撮り忘れました。 ロッドを外して、清掃後給油して組み付け後再調整しては試運転を繰り返してフィーリングの 良いところを探ります。 完了後、お客様に実際運転してもらい感想をもらいました。 これからも、大事に乗っていけると思います。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square