ソリオCVTフルード圧送交換

今回はスズキ車のソリオCVTフルード交換です。

オイルパンを外してストレーナー交換までのフルメンテコースになります。

この車両は4万キロ度に入れ替えはしてますが15万キロになったので

フルメンテする事にしました。



新旧ストレーナーです。黒く見えるのは鉄粉になります。

オイルパンを丁寧に洗浄してエアブローしてから完全乾燥させます。

取り付け前に完全にホコリ等を取り除いてから新しいマグネットを取り付けます。




圧送交換をするために専用の器具を取り付けます。


定期的に交換している車両でもオイルパン脱着すると汚れ具合が確認できました。

トルコン太郎を使っての圧送交換作業を行い終了としました。

使用L数は10Lほど使いました。


特集記事
最新記事