オプティ ATオイル交換

ダイハツオプティのATオイル交換です。

走行距離、年式等を考慮してオイルパン外してストレーナー交換後に

トルコン太郎を使用して圧送循環方式でATオイルを入れ替えます。

まずはオイルパン外します。

続いてストレーナー外してパーツクリーナでバルブボディの外装を洗浄します。

これだけでもかなり綺麗になります。

外したストレーナーです。灰色はAT内部の金属です。

ストレーナーは基本的に再使用はしません。新品との比較です。

オイルパンも綺麗に洗浄して磁石についてる金属粉も取りきります。

組み付けてから、トルコン太郎使用して圧送循環での交換作業になるのですが

写真撮り忘れてました…。

年式、走行距離で色々なやり方はあるとは思います。その都度お客様に提案しながら作業させてもらってます。

特集記事
最新記事