シトロエンDS3納車 ETC取り付け

シトロエンDS3のご注文をいただき、全国を探し北海道から届きました。 走行距離が80Kmの試乗車です。 オーナーさんの希望でETC取り付けをさせていただきました。 最近の車は特にですがヒューズBOXから電源をとると色々なトラブルが発生します。 当社は以前からACC電源から直接取る様にしています。 今回はオーディオから取る事にします。 特殊工具(ただの針金棒)で左右を引っ張り出します。 テスターを使いACC電源を簡単に見つける事が出来ました。 数年前からEU車の電源探すのに苦労して来たので今回のはラッキーでした。 アンテナ配線をして右側小物入れに穴をあけて取り付けて完了としました。

トッポ異音修理

車管理させてもらってるお客様からエンジン異音が気になるとの事で来社されました。 温まると音がしなくなるみたいなので、預かって確認する事になりました。 翌日、指導すると凄く大きな音がします。 この車両はベルト1本掛けで全てを回します。オートテンショナー機構です。 オートテンショナーからの異音らしく、脱着を試みます。 外して確認すると、中のボールベアリングが数個無くなってました…。 ついでに下回り点検するとオイルフィルター辺りからオイルの滲みが見られました。 その事を伝えると、2週間前にスタンドで交換したばかりという事でした。 確かに交換ステッカーに交換したチェックマークがありました。 しかし、見た目が数年経過してよ物で、最近の物ではないのが容易に分かります。 このスタンドは交換したつもりなのか、故意なのかは不明ですが、信頼を失ったと思います。 その後、お客様が抗議に行った様です。

ビアンテ ナビ取り付け

鈑金修理で来社されたお客様からついでにナビの取り付けを依頼されました。 マツダのビアンテにバックカメラとドライブレコーダーを追加します。 配線は順調に進み取り付け完了後テストしてみました。 TV、バックカメラ等々問題なく機能します。 最後にラジオを確認するとAMがイマイチです。 アンテナ確認するとRガラスに埋め込まれてるタイプなので通常ブースターが必要です。 取り付け時に配線したのを覚えてたので、疑問に思い再度取り外し作業になりました。 確認するとやはりちゃんと繋がってます。 とりあえず、修理書の配線図確認すると別カプラーを接続しないといけない事になってます。 新車時にマツダディラーにて取り付け作業をしてるとの事でしたが、配線カプラーが未接続で ビニテで巻かれたままでした。約8年間もの間ラジオの入りが悪い状態で使ってたみたいです。 ディラーにて作業してもらった事が安心感になり、ラジオ受信の悪いのデッキの責任と思ってた様です。 接続するとラジオの受信状態もすごく良くなりました。 R側にお子様用にモニターも取り付けさせてもらいました。 ドライブ時に楽しんでもらえると思います。

セレナ ラジエーター交換

今回は遠方より出張で宮崎に来られてる方からの修理依頼です。 Hpを見て電話をいただき、話を聞くといつもの壊れ方をしてる様なので 一度車を見せてもらい、間違いなければラジエーター交換が要する事を伝えました。 ラジエーター交換の為にリフトで上げたついでに、各部点検したところ Fブレーキパッドが無く、鳴きバネが当たってるようで ホイールを回すと音がします。 スタビライザーのリンク部ブーツが破れてるだけで無くジョイントが飛び出てます。 車検時にも破れていたはずだとは思いますが、気がつかずにそのままの状態だった様です。 (民間車検場で検査済み) これが、もしもロワボール等ですと大きな事故になりかねません。 当社は陸運局に持ち込む車検をしてますので、少しのブーツ破れでも通れません。 一般ユーザーは安くても車検受ければ完璧だと思うでしょうが、今回の案件は完全に整備工場のミスだと思います。ブーツが破れても2年間くらいではこうはならないと推測できます…。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square